まずは無料相談へ!
気軽にお問い合わせください

※弊社にご相談の前に数社お話を聞いてから
お問合せ頂くことをお勧めします

  • 同じ仕事をもう15年続けてきた…
    利益は出ているけど心がワクワクしない

  • この仕事が本当に自分らしいのか、
    好きなのかさえ分からなくなっている

  • いつかは海外と繋がる仕事をしたい
    と夢見てきたが、
    結局これまで
    動けずじまい

  • 夢を夢のまま終わらせたくない、
    後悔したくない

  • 最後は集大成として
    自分の好きなことで、
    みんなを「アッ」と驚かせる

    面白いビジネスがしたい

  • 自社の状況に応じた、
    既存の販路/リソース/強みを
    100%活かせる商品を
    海外から
    調達するのが近道だが、
    貿易のノウハウも人員も何もない

自らの『夢』や情熱、欲望、好き、楽しい、趣味を事業に持ち込むことは、社長のエゴなのでしょうか?
社員の雇用を守るため、既存事業を維持することはもちろん大切ですが、社長が自分自身を抑えて現状維持の姿勢では、残念ながら事業に未来はありません。
ちなみに、よく『経営者はビジョンを持て』と言われますが、ビジョンとははっきりイメージできる『夢』のことであり、経営者がワクワクするような夢を抱くことは事業の成長に不可欠です。
未来に向けた輸入という新規事業を通して、社員を上手く巻き込みながら、社長自身のビジョン実現に向けて、『どうしたらできるか』を共に悩み、共に学び、解決策を見出すパートナーとして一緒に汗をかき、新たなチャレンジを伴走支援いたします。

これまで海外企業との取引を経験したことがない、社内に海外事業部を持たない会社は、輸入事業はリスクが高いと考えます。ところが、それが大きな間違いなのです。
答えは、むしろ逆で、これまで国内取引しか経験のない企業にとって、海外と繋がる輸入事業はビジネスチャンスで溢れています。
というのも、誰もが輸入はハードルが高いと足踏みする中で、そのハードルを越えた者だけが得られる大きなメリットがあります。日本経済全体が物価上昇や円安で苦戦する中、大手商社がこぞって過去最高益を叩き出したというニュースからも、そのメリットの大きさが伺えます。
つまり、安心を求めて国内取引に依存することこそがリスクであり、逆にこれまでリスクやハードルが高いと敬遠し、多くの企業が挑戦してこなかった参入障壁の高い輸入こそが実はチャンスの種だと言えます。
世界にはまだまだ日本未上陸の面白い商品が星の数ほど存在しているので、今から輸入事業を始めても十分メリットはあります。

残念ながら、海外から輸入すれば何でも儲かるという時代ではありません。
今は物が溢れる時代であり、消費者のニーズも多様化しています。わざわざ海外から商品を輸入するのに、既に日本で販売されている商品や類似品では、輸入の高いハードルを越える意味がありません。そのため、まったく新しい商品選びとメーカーとの信頼関係の構築こそがビジネスの生命線とも言えます。
また、折角見つけた商品を他の誰にも奪われないよう、独占販売権を獲得するなど制約条件を設けてプロテクトすることが利益に大きく貢献します。 クライアントにとって経験ゼロからの初めての輸入事業でも、それぞれの得意分野を活かしながら、海外メーカーとの直接取引による高利益率で安心安全な海外取引の仕組みを作り、ビジネスの拡大・成長を実現していきます。

【自分だけが扱える海外商品の
直接取引をプランニングする】
株式会社ワールドトレードプランニング
代表取締役 大久保佳代子

これまで専門商社や中小企業で25年以上に渡り、約30ヵ国、100社以上もの海外企業との輸入事業の新規立ち上げに携わり、バイリンガル貿易戦略コンサルタントとして実績を積んできました。

 

海外企業とのリアルな商談現場から培った知識や経験、ノウハウをフル活用し、オーナー社長・2代目社長のための欧米輸入商品の独占販売権交渉コンサルタントとして、直接取引による高い利益率と継続的な取引を実現する輸入事業の新規立ち上げをサポートしています。

 

そもそも、なぜ私が海外企業との「独占販売権」にこだわるのかと言うと、今から約30年前、私が実際に勤めていた会社の成功体験にあります。当時、まだインターネットが普及していなかった時代に、社員10数名の田舎の小さな貿易会社が全国に販路を持っていました。これは極めて稀なケースです。なぜそれが実現できていたかと言うと、日本で1社しか扱えない商品を持っていたからです。

つまり、海外企業の日本国内の「独占販売権」を得ていたので、日本では必ずその小さな貿易会社を経由して商品が流通されていたのです。日本に1社だけという唯一無二の特別なポジション、夢がありますよね。インターネットが普及した今日でも、このビジネス成功の原理原則は変わりません。

 

そこで、中小企業にこそ、国境を越えて世界とつながり、唯一無二のポジションからしっかりと利益を上げる仕組みを構築すると共に、世界の最先端トレンドを日本に届ける楽しさや感動、ワクワク感が溢れる新たな事業を成功に導くお手伝いをしたいと考えております。

  • CASE
    01
    プロ向け
    レーシングシュミレーター
    取引国:デンマーク

    日本にはないプロ仕様の高性能シュミレーターをYouTubeで見つけ、そこから独占販売権を獲得。
    従来の事業(IT業界)とは全く違う新しい分野に参入し、販路が広がってビジネスが拡大中。輸入事業でビジネスの可能性が更に広がり、国内にとどまらず、東南アジアなど海外進出の準備も進めている。

  • CASE
    02
    オートバイ関連商品
    取引国:スウェーデン

    趣味性の高いオートバイ市場で、顧客ニーズを反映し、遊びの幅を広げるアイテムの全商品ラインアップの独占販売権を獲得。自ら価格設定できることとメーカーとの直接取引により、利益率が倍増。

  • CASE
    03
    生活雑貨
    取引国:スロベニア

    コロナ禍で本業のサービス業が立ち行かなくなった。ネット検索から商材を見つけ出し、独占販売権を獲得して新規に物販事業を立ち上げた。環境や状況に左右されない新たな収益の柱ができた。

  • CASE
    04
    高級フィットネス器具
    取引国:ポーランド

    完全カスタムメイドの高級フィットネス器具の独占販売権を獲得。営業力を活かして、在庫を持たず、サンプルだけで百貨店の外商や高級ホテルなど、富裕層から受注している。

  • CASE
    05
    牡蠣の養殖設備
    取引国:カナダ

    牡蠣の養殖業者だったが、養殖を効率化する手法を探っていたところ、新しい養殖システムを海外のYouTubeで見つけた。日本には未だない新システムの日本総代理店となり、養殖業者でありながらメーカーと同等のポジションが築けた。

夢や好き・楽しい趣味、ワクワクの感じ方は千差万別。
社長一人一人、興味があるモノも描く夢も違う上、会社ごとに状況や得意分野、持ち合わせているリソースも異なるため、輸入事業を立ち上げるにあたり、選ぶべき最適な商品は当然違ってきます。
さらに、取引相手となる海外企業の国や地域、文化的背景もすべて異なるため、杓子定規的な一般的なアプローチでは商談をまとめ、取引を成立させることはできません。
当社では、社長の夢や想いに寄り添いながら、会社にとってベストな商品選定から海外メーカーとの交渉の進め方、条件交渉といった取引全体の戦略を完全個別でプランニングし、伴走支援することで早期の契約成立へと導きます。

初めての輸入では、商品選定から実際に日本に貨物が到着し手元に届くまでの全体的な流れが想像しにくいものです。基本的には、商品選定→法規制のチェック→取引条件の交渉→契約書の締結→発注→海外決済→国際物流・貿易実務→輸入といった流れになります。しかも、

  • ・輸入に関係する法規制のチェック→関係省庁が管轄
  • ・海外企業との交渉→自力または通訳
  • ・契約書のチェック→弁護士
  • ・海外決済→銀行、海外送金サービス
  • ・国際物流や貿易実務→複合輸送業者やフォワーダー

と、各分野において相談できる相手や専門家が見事にバラバラです。それぞれの分野でプロフェッショナルではありますが、ビジネスには一連の流れがあります。各専門家にスムーズに連携して動いて貰うには、自社が司令塔としてディレクションしなければいけませんので、膨大な時間と労力を要することになります。また、そもそも司令塔が何を指示すれば良いのか分からない…となるとプロジェクト自体が頓挫してしまいます。当社では、ワンストップで相談に対応すると共にディレクションも担いますので、究極の時短&ストレスフリーで、不慣れな輸入業務から生じる全てのお悩みを即解決します。

初めての輸入で、しかもこれまで海外企業との商談経験がなければ、最初のアプローチの仕方やコミュニケーションの取り方、商談や交渉の進め方など分からないことだらけ。
しかも、分からないことを中途半端な理解や勝手な解釈で進めてしまうと、後から取り返しのつかない失敗に繋がります。そこで、分からないことは即コンサルタントに相談し、最初からすべて丸投げして任せてしましょう。当社では、一般的な輸入コンサルティングとは異なり、単なるアドバイスではなく、輸入事業全体の企画・設計から海外メーカーとの交渉代行を含め、一緒に現場で汗をかく貿易戦略コンサルティングサービスで実践的なフルサポートを提供しています。

 

正直、有益なアドバイスを授けてくれる輸入コンサルタントは沢山います。でも、本当に困っている時は、「誰か助けて。手伝って! 代わりにやって!」と誰かに頼りたくなるでしょう。
つまり、本当に困った時に必要なのは単なるアドバイスではなく、一緒にプロジェクトを動かしてくれる実践的なサポートです。
そこで、単なる輸入コンサルティングではカバーできない、輸入事業全体の企画・コンサルティングから独占販売権の獲得に向けた交渉代行、契約締結、国際物流、貿易実務に至るまでワンストップで伴走支援することで、最短最速で海外メーカーとの直接取引による輸入事業の立ち上げを目指します。

Voice01
株式会社 九州ソケットリンク
樋口社長

事業は順調でした。次は自分がやりたいことを事業にしたいと思っていましたが方法が全く分かりませんでした。大久保さんにパートナーとなってもらい競合がいない事業を展開できることは本当にワクワクしています。

25年間ずっと同じ仕事を真面目に続けてきましたが、自分の中で、最後は自分のやりたいことを事業にしたい、新しいことに挑戦したいという想いがどんどん強くなってきました。

 

そこで、子供の頃から大好きだった車や飛行機を何かビジネスにできないかと考え、シュミレーターを探し始めたところ、私が求める機能やクオリティを備えた満足のいくモノは外国製ばかりで、日本中を探しても国内で見つけることができませんでした。

求めるシュミレーターが海外に存在することは確認できたものの、海外メーカーから輸入する方法が全く分からず、事業の構想が半年ほど頓挫した状態でした。

 

そこで、大久保さんに相談したところ、独占販売権の獲得を前提として、すぐにデンマークのメーカーとの交渉を代行してもらい、何度もメーカーと駆け引きを重ねて、満足のいく取引条件で契約を結ぶことができました。

もし相談していなかったら、独占販売権は妥協して諦めていたかも知れませんし、独占でなければ他社に真似されて終わる可能性もあったかと思うとゾッとします。また、輸入には、国際契約をはじめ国際輸送や税関での手続き、国内の法規制など、想像もつかない部分が沢山あるのですが、実質的に全部ケアしてくださり、全て丸投げしてお任せできるので安心です。

 

日本でたった1社の存在になり、競合がいない事業を展開できることは本当にワクワクするし、やるからには新しい事業で収益を上げて、成功したいと思っています。「世界を変える」輸入事業で新たな構想もあり、さらに夢が広がっています。

Voice02
Gentle Moon株式会社
豊島社長

実は2社別の貿易コンサルタントさんに依頼をしていたのですが、費用は大久保さんの倍以上でしたが、何も形になりませんでした・・・やっと一緒に伴走してビジネスを形にしてくれるコンサルタントさんに出会えました。貿易は交渉の段階で躓くというのは、仲間から聞いていましたが、交渉力が本当に高く、自分が30年前からやりたかったことを実現できています。(今は大久保さんに頼り切っているのは少し不甲斐ないですが。笑!)

昔から海外にワーキングホリデーに行ったりして、価値観の異なる外国人と交流することが大好きでした。しかし、現実は牡蠣の養殖業者の三代目として、地方の漁村という閉鎖的な世界の中に。いつかは海外の人と繋がって仕事がしたい、いつかはオープンな世界へシフトしたい…と想い続けてきた中で、いつか、いつか…の時間もそろそろタイムリミットだと感じた瞬間、今この機会を逃したくない!と強く思いました。

 

そこで、数社の輸入ビジネスのコンサルタントに相談し、挫折を繰り返した中で、大久保さんだけが「輸入事業がカタチになるまで責任を持つ!」とコミットしてくださり、サポートをお願いすることにしました。

 

当初は、海外とビジネスをするというモチベーションは高かったものの、具体的にどの分野のどんな商品を輸入するかさえ定まっていなかったため、色々と迷走しました。ですが、大久保さんはその都度、船の羅針盤のように、豊富な経験に基づいたアドバイスで私の状況に合わせて方向性を導き出してくれました。

 

なかなか自分を客観視するのは難しいのですが、私の想いに寄り添い、時々で軌道修正しながら、まず事業をスタートさせるための優先順位を整理してくださったことで、最終的には牡蠣の養殖業界全体の作業効率化や発展に貢献できる養殖システムの輸入事業の立ち上げに繋がりました。

 

また、実際に海外メーカーとの交渉に入った時には、契約に至るまでの条件の擦り合わせや交渉で話をまとめるなど、やはり素人では自力で解決できない難しい部分を一緒に伴走支援してくださったのが心強かったです。私も英語は話せますが、たとえ言葉が交わせても、やはりビジネスの上で交渉するには、交渉プロセスや押さえておくべきポイント等はまったく分かりません。

 

この辺りは、さすが経験豊富なプロフェッショナルと素人との違いを感じます。サポートのおかげで、カナダ企業の牡蠣養殖システムの日本総輸入元となることができ、海外とのビジネスがスタートしました。これから投資した分を回収し、しっかりと新規事業を展開していきます。

  • お問い合わせ

    このページのボタンから無料相談へお申し込みください。

  • 準備

    ヒアリングシートにご記入いただきます。

  • 個別相談

    90分無料の個別相談後、契約をご検討ください。

個別相談は、オンライン対応でしょうか?それとも対面での面談になりますか?

個別相談はZoomによるオンライン対応となります。対面での面談には対応しておりませんので、ご了承ください。

料金プランなど具体的にどのぐらいの料金か相談時に教えていただけますか?

はい、まず御社のご要望や目標などを詳しくお伺いした上で、輸入事業を立ち上げるにあたり必要なサポート内容を精査し、御社にぴったりな料金プランをご提案いたします。

まだ具体的に商品が決まっていませんが、相談は可能ですか?

もちろん、ご相談可能です。商品選びは輸入事業の生命線ですので、コンサルタントのサポートを受けながら、慎重に選ぶことをお勧めします。

かなり特殊な商品の輸入を検討しているのですが、分野の制限はありますか?

酒類、医薬品・医療機器、化学物質、危険物など特殊な許認可が必要な場合には対応しておりません。特殊な許認可が必要かどうか不明な場合は、一度お問い合わせください。

輸入商品はどうやって見つけるのでしょうか?
海外展示会を視察する必要はありますか?

商品は海外展示会のウェブサイトやSNSから検索するため、高効率&低コストで商品発掘が可能です。わざわざ海外展示会へ視察に行く必要はありませんが、海外視察は輸入事業の醍醐味ですので、時間や予算に余裕がある場合は、ぜひ一度経験することをお勧めします。

小さな会社でも独占販売権は取れますか?

会社の規模に関わらず、独占販売権の取得は可能です。これまで、個人事業主の方でも海外企業から独占販売権を獲得した実績も多数ございます。

輸入事業を立ち上げるまで、最短どれくらいかかりますか?

これまで最短6ヶ月で輸入事業を立ち上げ、実績を上げているクライアントが多数います。最短で結果がでるよう、コンサルタントが伴走支援いたします。

まずは無料相談へ!
気軽にお問い合わせください

※弊社にご相談の前に数社お話を聞いてから
お問合せ頂くことをお勧めします